好奇心スイッチ!

サラリーマンが失われた好奇心を取り戻すために、様々なことに興味を持ってチャレンジした事をシェアするブログ。つまり雑記ブログ。

初心者による初心者のためのデジカメの選び方

どうも、デジカメ欲が急成長しているうり坊です。

 

今まではスマホでもあまり写真を撮るほうの人間では無かったのですが、ここんとこ急に写真に興味が湧いてきました。

 

デジカメ欲しいなぁと思っていたんですが、もう決めました。 俺、、、デジカメ買うよ。

 

決意した私の目の前に突如として現れた壁。

どれを買えばいいんだウォール。

 

そこで、持ち前の論理的思考で買う機種を選定しましたので、調べた内容と共にその経緯をご覧ください。

 

なんとなくデジカメ欲しいなぁと思っている人、でも実際に買うという行動にまで移せない人、デジカメ欲しいなぁから、あの機種欲しいなぁまで気持ちを具体化できれば一歩前に進めます!一緒にカメラ始めましょう!!

 

今回は初めてのカメラをどのように選べばいいのか、選び方をシェアしたいと思います。魚をあげるのではなく、釣り方を教える的なあれです。

まずはデジカメの種類を絞り込もう

デジカメとひとくくりに言っても、主に3種類に分けられます。

  • 一眼レフ:レンズ付け替え可能。ファインダーから覗ける。
  • ミラーレス一眼:レンズ付け替え可能。ファインダー無し。
  • コンパクトデジカメ:いわゆるコンデジ。レンズ付け替え不可。

 

結論から言うと初心者はまずはコンデジ一択ではないでしょうか。

 

一眼レフ、ミラーレスとコンデジの大きな違いはお手軽感です。初心者の人がデジカメを買ってから、すぐに飽きないようにするために一番必要なことは、写真を撮る機会を絶やさないことです。一眼レフやミラーレスはやっぱり重いしでかいので、写真をとるぞ!と意気込まないとなかなか連れていく機会はないんじゃないかと思います。その点コンデジはとりあえずカバンに忍ばせておけるので、カメラのある生活に自然となれると思います。

 

というわけで、コンデジの中からさらに絞り込んでいきましょう。

 

価格帯で絞り込もう

コンデジの中でも、~3万円台の安価なエントリーモデルから、8万円~のハイエンドモデルまでかなり幅広い価格帯になっています。この値段差は主にセンサーサイズの違いが効いてきます。

 

「センサーサイズが違うと何が変わるの?」 「画素数と同じ意味?」

 

ざっっくり言うとセンサーサイズが大きいほうがきれいな写真が撮れます。

センサーは読書感想文を書くときに使う原稿用紙みたいに細かーいマス目が集まってできています。(例え下手かよ)

 

このマス一つ一つが画素といって、光を感じて電気信号に変換されています。

例えばセンサーの対角線の長さが1インチ(2.54センチ)のもの(コンデジにしては結構大きいものです)で2000万画素と書いてあったら、2000万個のマスが1インチのセンサーに刻まれていることになります。

細かすぎて伝わらないですよね。そうなんです、あまりにも細かくしすぎても、もう一緒みたいなもんなんです。

 

セブンのコーヒーも世界一のバリスタが淹れたコーヒーもどっちも旨いから違いが分かんね、みたいなもんですね。(例え下手かよ)

 

要は最近のコンデジは画素数が少なくて不満、なんてことはないと思っていいってことです。

 

では、センサーサイズが大きいとなぜきれいな写真がとれるのか。

 

同じ画素数で比較するとセンサーサイズが大きいほうが画素一つ一つの大きさも大きくなります。そうすると一つ一つの画素がより多くの光を感じることができるようになるので画質が良くなります。

 

 

コンデジを買うとしたらどれぐらいの価格帯のものを買えばいいのでしょうか?

 

私は5万円以上のいわゆる高級コンデジがいいんじゃないかと思います。

1万とか2万とかのデジカメを買うぐらいなら正直スマホで十分かなと。

 

あえてデジカメを買うわけですからスマホとの棲み分けができるぐらいの高性能なものを買うことをおすすめします。

 

性能で絞り込もう

ここまでである程度選択肢は絞れてきましたね。

あとは自分がデジカメに何を求めるかが大事です。

 

「そんなこと言ったって別に何を求めるとかそういうの無いしなぁ」

 

そりゃそうですよね。それが分かってたらもう選んでますもんね。

 

安心してください。比較する項目を用意しましたよ。

  1. センサーサイズ
  2. レンズの焦点距離
  3. レンズのF値
  4. Wi-Fi対応
  5. その他の特徴

この5項目で比較してみてください。パンフレットやホームページに必ず載っています。

 

それぞれの項目について説明していきます。

1.センサーサイズ

これは先ほども軽く触れましたが、センサーサイズが大きいほうが高画質な写真が撮れます。

 

あと大きいほうが背景をぼかしやすいです。よくプロの人が撮った写真とかで、人物にはピントが合っているけど、背景がぼけて人物が際立ってみえる写真ありますよね。あれはピントが合う範囲を狭くすることで出来るようになります。スマホのカメラだと全体にピントが合うような写真しか撮れませんよね。このボケを作り出すのもデジカメならではの面白さじゃないでしょうか。

 

コンデジだと1/2.3型とか、1/1.7型とか、1型とかがあります。単純に数字が大きいほうが大きなセンサーですね。(最初の2つは分数ですよ!)

 

2.レンズの焦点距離

ほとんどのコンデジは光学ズームを搭載しているので焦点距離は〇〇~◇◇mmと範囲を持っています。

 

光学ズームっていうのは複数のレンズをうまい具合に組み合わせてズームするものでズームしたからと言って画質が悪くなりません。

 

スマホだとデジタルズームですので画面内でただ引き延ばしているだけですね。ズームっていうより拡大ってイメージ。

 

焦点距離からは何を読み取ればいいのでしょうか?

 

焦点距離が短い側は広角、つまり広い視野を写すことができます。対して、焦点距離が長いと望遠になります。遠くのものを大きく写せるけど移る範囲は狭くなります。焦点距離からはそのカメラが広角側に強いのか、望遠側に強いのか、ということを読み取りましょう。

 

 

3.レンズのF値

お次はレンズのF値というものを比べてみましょう。

 

F値からはレンズの明るさを読み取りましょう。

 

 

「レンズの明るさってなんだ? レンズが光ってんの?」

 

 

いえいえ、レンズの明るさとはつまりレンズが取り込める光の量のことです。

レンズとセンサーの間には絞りという穴がついていて、この穴を通った光だけがセンサーに当たります。穴を小さくすれば通る光も減少するし、ガバガバにすれば大量の光がセンサーに当たります。

 

F値はこの穴の大きさに対応していて、F値が大きいと穴が小さく、F値が小さいとガバガバってことです。

光を多く取り込んで明るい写真を撮れるレンズの方がいいのでF値の小ささを比べましょう。

ちなみに、焦点距離と同様にF値も範囲で示されていますが、これは広角側で使った時のF値と望遠側で使った時のF値の最小値が書かれています。望遠にするとどうしてもF値は大きくなってしまうんですね。

 

F値は2.8以下だと明るいレンズだと言われています。

望遠側でもF値2.8のコンデジとかもありますが、望遠なのにF値2.8なの!?すげぇ!ってなります。

 

4.Wi-Fi対応

Wi-Fi対応してるかどうかも結構使い勝手変わってきますよね。

Wi-Fiにつないでスマホに撮った写真送ることができますので、LINEで友達に送ったり、インスタでアピールしたりがだいぶ捗ります。

 

写真そのものには関係ありませんが、そのデジカメの魅力としてWi-Fi対応してるかどうか確認しましょう。

 

5.その他の特徴

最後はそれぞれのデジカメがどんな特徴をアピールしているかですね。画面が180度動いて画面を見ながら自撮りできたり、軽さだったり、有機ELのファインダーが付いていたり、タッチパネルだったり、なんならカメラのスペックでは差がつかないけど、ここが決定打になったりします。笑 

最後は見た目が気に入った方とかでもいいですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

長くなってすまんな。

 

この流れにそって絞り込んでいってみてください。

ある程度絞り込めたらスペックや特徴を比較してみて、欲しい気持ちを膨らませましょう!

 

では、笑顔でさらば!